“VR動物園”を障害支援施設の子どもたちに無償提供、新型コロナ受け

未分類
この記事は約1分で読めます。

株式会社ジョリーグッドと和歌山県にあるテーマパークアドベンチャーワールドは、新型コロナウイルスの影響で遊びに行けない障害支援施設の子供達に向け、動物を間近で見られる「VR動物園」を期間限定で無償提供します。

この取り組みは、アドベンチャーワールドが提供する「VR動物園」をジョリーグッドが開発する発達障害支援VRプログラム「emou」を通して配信するというもの。「emou」は対人関係や集団行動を上手に営んでいくための技能を、VR内で体験トレーニングできる発達障害支援プログラムです。

発達障害向けのVR支援プログラム開発、全国の支援機関などに提供へ | Mogura VR

発達障害向けのVR支援プログラム開発、全国の支援機関などに提供へ | Mogura VR

MoguraVR

今回配信される「VR動物園」は、アドベンチャーワールドのジャイアントパンダやイルカ達を、飼育スタッフやトレーナーでなければ体験できない至近距離で見ることができます。3月10日から4月30日までの期間中、「emou」導入をしている施設はアプリを通してVR動物園を体験できます。

なお、ジョリーグッドは「emou」を導入していない施設向けに、VRゴーグルの無料レンタルも実施。同期間中、全国の障害支援施設(放課後等デイサービス)を対象にVRゴーグルを1台レンタルします。詳細や申し込みはこちら

(参考)株式会社ジョリーグッド プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました