Niantic、ポケモンGOの大型イベントなどを延期に 新型コロナで

未分類
この記事は約2分で読めます。

Pokémon GO」などのAR位置ゲームを手がけるNianticは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、各ゲームのイベントの延期・予定変更を発表しました。

Pokémon GO

アメリカのミズーリ州で、現地時間3月27日(金)から3月29日(日)まで開催予定だった「Safari Zone St. Louis」を延期。すでにチケットを購入したトレーナーを対象に、希望者にはアプリ内のサポートからチケット代の全額払い戻しを受け付けています。払い戻しのリクエストの締め切りは日本時間3月26日(木)15:59です。

リクエストを行わなかった場合、延期後の「Safari Zone St. Louis」にそのまま参加できます。また、チケットを保持する場合は、当初のイベント開催期間中に、全世界のどこからでも「Safari Zone St. Louis」のポケモンの出現および「スペシャルリサーチ」といった、ゲーム内の体験を楽しめるそうです。

今後予定している、2回の「Safari Zone」(リヴァプール、フィラデルフィア)は開催される方針ですが、4月初頭に改めて状況の判断を行うとのこと。

また、「レイドバトル」限定だったポケモンに出会える新たな機会として、「GOバトルリーグ」に「伝説レイドバトル」のポケモンが追加されました。

ハリー・ポッター:魔法同盟

「光り輝くもの」イベントは予定どおり実施。コミュニティ・デイなどの一部イベントは、延期になる可能性があるそうです。

Ingress

Ingress」のイベントについては、現段階での変更はなし。事前に旅行の手配などを行う際は細心の注意を払い、慎重な判断を行うよう呼びかけています。

「Requiem Munich」アノマリーおよび「Lexicon Hexathlon」の参加登録受付は、3月16日(太平洋時間)に開始されますが、韓国・ソンパのイベントの参加登録を見合わせるとのこと。最終的な開催・中止の判断については4月3日(太平洋時間)に告知されます。

また、「Hexathlon」が行われる他の14の都市についても、状況を見守り、各地域の健康リスクなどを考慮して判断を行うとしています。

(参考)Niantic 公式ブログ

タイトルとURLをコピーしました