AR/VRトレーニングのTelespinが1,500万ドル調達、さらなる活用進む

未分類
この記事は約2分で読めます。

AR/VRを活用した学習・研修アプリなどを提供するスタートアップTelespinが、シリーズBで1,500万ドル(約16億2,000万円)の資金調達を実施しました。この資金調達はクラウドベースの学習ソリューションを専門とするCornerstone OnDemand(以下Cornerstone)が主導し、VRヘッドセットを製造・販売するHTCも参加しています。


(画像:Telespin公式サイトより)

Magic Leapの開発パートナーとしてAR分野にも注力

今回の資金調達により、Telespinの合計資金調達額は2000万ドル(約21億5,000万円)に。同社はMRデバイスを開発するMagic Leap社の“アーリーアクセス開発パートナー”の1つでもあり、VRだけでなくARでのソリューション開発・提供にも努めています。


(画像:Telespin公式サイトより)

また、TalespinはCornerstoneと提携し、人材開発向けの技術と製品を開発しています。TalespinのVR学習コンテンツがCornerstoneの製品提供を通じてユーザーに顧客に提供されるほか、TalespinのRunwayプラットフォームはCornerstoneの学習管理システムと統合され、AR/VRトレーニングの展開および大規模な分析への対応を強化するとしています。

今回の資金調達に際し、Cornerstoneの財務・企業開発・投資家向け広報担当副社長のJason Gold氏は「Talespinの技術、リーダーシップを備えたチーム、AR/VRを通じて職場を変えるというビジョンに非常に感銘を受けました。Talespinの技術は、当社の製品に最適です。お客様に素晴らしいソリューションを提供するために協力することを楽しみにしています」と語りました。

一方、TalespinのCEO兼共同設立者であるKyle Jackson氏は「Cornerstoneとの資金調達およびパートナーシップにより、人材開発・評価、人員配置など、今後の仕事のあり方を再定義する革新的なソリューションの構築を続けます」と述べています。

"VRトレーニング"への注目高まる、カルティエも採用 | Mogura VR

"VRトレーニング"への注目高まる、カルティエも採用 | Mogura VR

MoguraVR

フェイスブック、退役軍人向けプログラムでAR/VR人材育成へ | Mogura VR

フェイスブック、退役軍人向けプログラムでAR/VR人材育成へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next RealityTelespin 公式プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました