ロシア空挺軍がVRトレーニング導入、自国製品を採用

未分類
この記事は約2分で読めます。

ロシア空挺軍(VDV)の特殊部隊は、兵士の訓練にVRを導入します。VRを活用したトレーニングシステムを通し、正確な着陸を訓練するとのこと。使用するデバイスは、同国スタートアップの開発する4K VRヘッドセット「Odin」です。

リアルな視界、空気抵抗も再現

VRヘッドセットに映し出された映像は、落下のスピードに応じて変化。リアルな練習シーンを提供します。またシミュレーターには身につけるシートといったパラシュートの装備を設置。さらにファンで風を送り、落下中の空気抵抗を再現します。

2019年CESデビューのロシア製HMD

トレーニングシステムに含まれるのは、ロシアのスタートアップDEUS製のPC向けハイエンドVRヘッドセット「Odin」です。Odinは2018年12月に発表、翌年1月のCESで披露されました。両目4Kの解像度、視野角110度といったスペックを備えています。
またDEUS独自開発のトラッキング用のベースステーションを使い、赤外線レーザーによる動作の検知を行います。

各国で進む軍事訓練でのVR採用事例は、こちらの記事でも紹介しています。

オランダ軍のVRトレーニング、体験者は「素晴らしい」とコメント | Mogura VR

オランダ軍のVRトレーニング、体験者は「素晴らしい」とコメント | Mogura VR

MoguraVR

イスラエル軍がVRトレーニング テロ組織の地下トンネルを再現 | Mogura VR

イスラエル軍がVRトレーニング テロ組織の地下トンネルを再現 | Mogura VR

MoguraVR

米軍のさらなる"VR訓練"推進、5億ドル超の契約締結 | Mogura VR

米軍のさらなる"VR訓練"推進、5億ドル超の契約締結 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Communal News

タイトルとURLをコピーしました