誰でもブイ子をAR撮影できる!VRoidモバイル×ガリベンガーVコラボ

#ホロの試練

3月1日に配信イベント「超人女子戦士 ガリベンガーV ヒロイン危機一髪!筋肉&妖怪大進撃!!」を開催するガリベンガーV。そんなガリベンガーVが、イベント開催を記念してアバターカメラアプリ「VRoidモバイル」とコラボレーションを実施します。

・3Dキャラクター制作アプリ「VRoidモバイル」徹底解説

3Dキャラクター制作アプリ「VRoidモバイル」徹底解説 | Mogura VR

3Dキャラクター制作アプリ「VRoidモバイル」徹底解説 | Mogura VR

MoguraVR

アプリをインストールし、QRコードを読み取ると、期間限定で誰でも「ブイ子」をARで呼び出して撮影できます。撮影した写真をハッシュタグ #ガリベンガーV生誕祭 でツイートすると、ブイ子本人がエゴサしてチェックするとのこと。VRoidプロジェクトが提供するアバタープラットフォーム「VRoid Hub」を活用した、VTuberファン作品の新たな形に注目です。

遊び方は以下の手順通りです。

同時に、ガリベンガーVは番組オリジナルVTuberブイ子の「ブイ子ファン作品ガイドライン」を公開。ファンアートや同人誌の頒布などの二次創作ガイドラインに加えて、3Dキャラクターモデルプラットフォーム「VRoid Hub」を通じた3Dキャラクターモデルの利用と、それを使った作品の取り扱いについてなどの要素を加えた新しいアプローチのガイドラインとなっています。すべてのガイドライン文がブイ子本人からのメッセージテキストになっている点も注目です。