イケアがバーチャルモデルimmaとのパートナーシップを発表

未分類
この記事は約2分で読めます。

4月25日に商業施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」に出店する「IKEA 原宿」のオープンに向けて、イケア・ジャパン株式会社はバーチャルモデルのimmaとパートナーシップを結ぶことを発表しました。

immaはイケアのホームファニッシングからインスピレーションを得た理想の部屋を公開。東京の若い世代を対象に「家での幸せな時間を大切にする」という価値観を提案していくとのこと。

immaは、Instagramにて17万人のフォロワーを誇るバーチャルヒューマン。雑誌やファッションショーにも登場した他、人気モデルの秋元梢さんやMattさんとの写真も披露するなど、実在しているようなキャラクターとして話題となりました。

パートナーシップへのコメント

バーチャルモデルimma

「前から大好きなイケアがご近所の原宿に来てくれることにとてもワクワクしてます。このパートナーシップを通して、あたしが人生の中でとても大切にしている家での幸せな時間をみんなに共有していこうと思ってます。」

イケアのカントリーマーケティングマネジャー アンナ・オーリン氏

「私たちが誰かとパートナーシップを組むときには、同じ価値観を持っている人であることが重要だと考えています。私たちはimmaの大ファンです。それは、ファッションやカルチャーに造詣が深く、素晴らしいセンスの持ち主だからというだけでなく、彼女は環境保護に関する話題をSNSで発信するなど、サステナビリティなどの点において、私たちと同じ視点で活動していると強く感じているからです。」

(参考)イケア・ジャパン株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました