墜落した旅客機に何が起こったのか? 米紙USA Todayが“AR解説”の試み

未分類
この記事は約2分で読めます。

アメリカの大衆紙USA Todayは、2件の墜落事故を引き起こしたボーイングの旅客機「737 MAX」を、ARを活用して解説する記事「737: What Went Wrong」を公開しました。

「737: What Went Wrong」は、非AR版(要約版)とAR版が同時に公開されています。AR版の記事はUSA Todayのアプリ(iOS/Android)から閲覧可能です。

記事は、ボーイング737MAXの機種バリエーション(MAX 8とMAX 9)解説と
2018年10月と2019年3月に起こった墜落事故(合計346人が死亡)の説明、そして事故の主な原因とされる、失速防止システム「 Maneuvering Characteristics Augmentation System(操縦特性向上システム(MCAS))」の解説という形で構成されています。

Our latest AR project is now available. View "737: What went wrong" within the Augmented Reality section of the @USATODAY app. Built in collaboration with @usatgraphics. #AR pic.twitter.com/50dWWMHiUz

— Ray Soto (@RaySotoTech) February 6, 2020

以前にもARアプリをリリース

USA Todayは以前から、ARを使用したアプリをリリースしている企業です。2018年、同社は机の上などの好きな場所にロケットをARで表示し、打ち上げから着陸までの様子を閲覧できるARアプリ「321 Launch」を配信しました。VRに関する取り組みも行っており、2017年には、ドナルド・トランプ大統領の就任式を360度映像で生配信しました。

USA Today、トランプ大統領就任式を360度動画で生配信 | Mogura VR

USA Today、トランプ大統領就任式を360度動画で生配信 | Mogura VR

MoguraVR

机の上がロケットの発射場に 米新聞社がARアプリ配信 | Mogura VR

机の上がロケットの発射場に 米新聞社がARアプリ配信 | Mogura VR

MoguraVR

米ヤフーニュースがAR配信、カリフォルニアの山火事を題材に | Mogura VR

米ヤフーニュースがAR配信、カリフォルニアの山火事を題材に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality

タイトルとURLをコピーしました