JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)は、2.1型で1058ppiのVR向け高精細VR液晶ディスプレイの量産開始を発表しました。本製品はメガネ型のVRデバイスをより薄く・軽量化するための光学設計が採用されており、異形状にすることによってセットデザインの自由度が高められています。

JDIは、ディスプレイの高精細化や動画ぼやけの抑制、レイテンシーの低減を実現する技術開発を進めており、これまでVR用の液晶ディスプレイを搭載したVRヘッドセット「VRM-100」や、803ppi1001ppiの高精細VR向け液晶の開発を行っています。

今回同社が量産を開始した、2.1型の低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(LTPS TFT-LCD)は、既に市販されているVRデバイスに採用されているとのこと。プレスリリースでは、本製品を搭載したデバイス名などは公表されていません。

製品の概要

液晶モード

VR専用IPS

サイズ

2.1型

解像度

1600×RGB×1600

精細度

1058ppi

応答速度

4.5ミリ秒(中間応答ワーストケース)

リフレッシュレート

120Hz

バックライト方式

グローバルブリンキング

輝度

430cd/㎡ (Typ.)

(参考)株式会社ジャパンディスプレイ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました