VRを通してロボットへ指示 三谷産業らが要素技術開発

未分類
この記事は約1分で読めます。

三⾕産業株式会社と株式会社エスイーフォーは、VRを活用した建設現場における作業効率化のための要素技術を開発しました。コンクリート製の壁や床に穴を開ける工事「穿孔作業」において、ロボットの自動制御と人間の遠隔指示による作業を行います。

本技術の開発にあたっては、空調設備⼯事において知見を有する三⾕産業が実証実験のフィールドならびに現場での事例・施工ノウハウやBIMデータ(建物・設備の3Dモデル)を提供。ロボット遠隔指示の技術開発を行うエスイーフォーのロボティクス・コンピュータービジョン・VRの知見を組み合わせることで開発が実現しました。

VRを通して人間がロボットへ指示


(デプスカメラで建物内をスキャンし、3Dマップを生成する様子)

本技術は、デプスカメラで建物をスキャンし、そのデータとBIMデータを組み合わせることでVR上に再現。続いて、VRを通じて人間が穿孔箇所の位置決めを行い、ロボットに穿孔作業を実行させます。現場空間のスキャニング・マップの生成・穿孔作業は自動化し、位置決め作業の最終確認やそれに伴う微調整は、ロボットの収集したデータを基に人間が行うようにすることで、作業効率を最大化します。

また、作業者は一対一の操作ではなく、ロボットへの指示をまとめて送信するため、複数のロボット・現場を同時に管理することが可能とのことです。

(参考)株式会社エスイーフォー プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました