バーチャルインフルエンサーの動画やSNSをチェック、支援サービスが提供開始

未分類
この記事は約1分で読めます。

イー・ガーディアン株式会社は、バーチャルインフルエンサーを抱える企業などを対象とした「バーチャルインフルエンサーパトロール」の提供を開始しました。著作権や薬機法などに関する知見のある専門スタッフが、動画やSNS等のチェック、広告審査代行といったサポートを行います。

バーチャルインフルエンサーとは、影響力や発信力のある人物(インフルエンサー)をバーチャルキャラクターとして人工的に作り上げる試みです。バーチャルインフルエンサーのリル・ミケーラはInstagramにて190万人のフォロワーを獲得するなど、世界で注目を集めています。

「バーチャルインフルエンサーパトロール」は、著作権や薬機法などに関する知見のある専門スタッフが、事前のシナリオチェックや動画・SNS投稿の広告審査代行のほか、配信動画の定期パトロールを実施。個人情報や著作権、薬機法や景表法などの法令違反で掲載できなくなってしまうリスクや、SNS上でのトラブルを防ぎます。

「バーチャルインフルエンサーパトロール」概要
・事前のシナリオチェック(景品表示法、著作権侵害等)
・動画やSNS投稿の広告審査代行、審査基準のコンサルティング、レポーティング
・配信動画の定期パトロール

(参考)イー・ガーディアン株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました