VRサービス「NEUTRANS BIZ」が機能拡張、屋外や展示ホールが追加

未分類
この記事は約2分で読めます。

VR/AR開発などを手掛ける株式会社Synamonは、VRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZに新しく3種類の“ルーム(部屋)”を追加しました。これにより、主な利用用途であった会議以外の、屋外でのデザインレビューや展示会といった用途にも活用が可能となります。

「NEUTRANS BIZ」は、複数人が同時にクラウド上のVR空間に接続し、物体や空間のビジュアルデータを共有しながらコミュニケーションを行うことができるサービスです。カスタマイズにも対応しており、部屋の外観や部屋内のアイテム、アバターを自由に変更可能です。

今回新たに追加されたルームは以下の通りです。

LargeField(ラージフィールド)

3キロメートル×3キロメートルの広大な屋外空間。橋や建物などの巨大な建築物・構造物などを実寸大で確認することが可能です。また「飛行機能」も備えており、目線の高さを変更することで、空中からの俯瞰や数キロメートルの高さにある特定の箇所を詳細に確認できます。

ExhibitionHall(エキシビジョンホール)

巨大なモデルを複数点展示できる、​屋内の展示会ホールをイメージした空間。1階から2階部分の廊下にも移動ができ、空間全体を一望することも可能です。展示会以外にも博物館、資料館として活用できるとのこと。

MeetingRoomSmall(スモールミーティングルーム)

Oculus Questなどの一体型VRヘッドセットでの利用に最適化された小さなミーティングルーム。4人程度の少人数の会議、1対1の面談や研修などでも利用が可能とのことです。

(参考)株式会社Synamon プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました