8Kワイド・マルチアングルで野球観戦、NTTがライブ中継を実施

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社NTTドコモは、3月15日(日)に行われる「プロ野球オープン戦 広島東洋カープ 対 福岡ソフトバンクホークス」にて、8Kワイド・マルチアングル配信を実施します。場所は広島県の「ドコモ5Gオープンラボ HIROSHIMA」です。

この取り組みは、マツダスタジアムで行われる「広島東洋カープ 対 福岡ソフトバンクホークス」の試合を、ドコモ5Gオープンラボ HIROSHIMAのライブビューイング会場にて、8Kワイド・マルチアングル視聴でリアルタイムに観戦できるというものです。

8Kワイドは、3台の一眼レフカメラで撮影された映像を120度の8K映像として生成。音響はヤマハの立体音響技術「ViReal(バイリアル)」を導入しています。

マルチアングルは中国放送と連携し、放送局が用意する複数カメラの中継映像に対しリアルタイムで映像処理を施しライブ配信をします。利用者は好きなアングルに遅延なく切り替えることが可能とのことです。

イベント会場から360度8KVR等の映像配信が可能に

今回NTTドコモは、マルチアングル対応のライブ映像配信クラウドシステムを開発。複数カメラの映像をクラウド上のサーバーで360度8KVR、8Kワイド、マルチアングル映像として配信可能です。本システムを利用することで、スポーツや音楽のライブイベント会場で大掛かりな装置を設置せずに、リアルタイムで360度8KVR、8Kワイド、マルチアングルの映像を生成し、多様な視聴スタイルに対応した映像配信が可能になります。

イベント概要

イベント名

「Veryカープ!Neo Live Viewing」

実施日時

2020年3月15日(日曜)14:00~

場所

広島市中区大手町4-1-8
ドコモ5Gオープンラボ HIROSHIMA

応募フォーム

イベントページ「応募方法」より

(参考)株式会社NTTドコモ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました