MRグラス開発のNreal、コロナウイルスの影響で生産を一時停止

未分類
この記事は約2分で読めます。

MRグラスの開発を進めている中国のNrealは、アジアで感染が拡大しているコロナウイルスの影響でMRグラス「NrealLight」の生産を一時停止することを発表しました。

Nrealは中国・杭州と米国・サンフランシスコに拠点を置いています。Twitterにて生産停止を発表しました。発表によれば、最新の注文の出荷に影響するとのこと。春節が終わった今も、工場の稼働が再開できない状態になっていると考えられます。

pic.twitter.com/CpLMFoJtqm

— Nreal 🔜 #MWC2020 (@Nreal) February 10, 2020

NrealLightはメガネ型の形状が特長のMRグラスです。Snapdragon845を搭載したスマートフォンを接続して使用。前面についているカメラを通して空間や画像を認識します。

NrealLightは2019年後半より開発者版の予約受付を開始。2020年2月現在、全世界に向けて開発者版を随時出荷しています。価格は1,200ドル(約13万円)です。

コロナウイルスの影響を受けるVR/ARデバイスはNrealLightだけではありません。フェイスブックは、一体型VRヘッドセットOculus Questの生産にコロナウイルスの影響が出る可能性を認めています。

コロナウイルスはOculus Questの品薄にも影響か。フェイスブックがコメント | Mogura VR

コロナウイルスはOculus Questの品薄にも影響か。フェイスブックがコメント | Mogura VR

MoguraVR

店舗より、便利で楽しいショッピングを――MRグラス「NrealLight」で未来を感じる | Mogura VR

店舗より、便利で楽しいショッピングを――MRグラス「NrealLight」で未来を感じる | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

タイトルとURLをコピーしました