触れずにスマホを操作、Pixel4の「Motion Sense」が日本でも利用可能に

未分類
この記事は約2分で読めます。

Googleのスマートフォン「Pixel4」に搭載されている、手で触れなくても画面操作を行える機能「Motion Sense」が、2月4日より日本でも利用できるようになりました。

Soliレーダーはトラッキングの精度が高く、Motion SenseとともにVR/ARへの親和性が高い技術として注目を集めていました。これまで一部の地域でしか利用ができませんでしたが、ついに国内でも解禁された形となります。

Motion Sense機能では、レーダーベースのモーション認識センサー「Soliレーダー」を活用し、画面ロックを解除しなくても、ジェスチャーでスマホを操作できます。ユーザーの手が近づくのを検知し、音楽再生中の楽曲スキップや着信音のミュート、アラームのスヌーズ、時間や通知アイコンの表示が可能です。

また、Motion Sense機能により、Pixel 4の顔認証によるロック解除がより素早くなります。これは、端末に手を伸ばすと顔認証解除センサーが端末を持ち上げる前からオンになり、ロック解除が必要なことを検知するためとのこと。

Motion Senseの設定方法

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Motion Sense機能は、Pixel4の設定より「システム」「Motion Sense」 を開き、「Motion Sense」をONにすることで利用が可能です。有効になっている場合、画面の上部がライトブルーに光ることがあります。

アラームやタイマー、着信音などの割り込みをミュートにする場合、スマホの上で手を振ることで行えます。ただしこの機能では、アラームのオフや通話の拒否はできないとのこと。

また、音楽を再生中の場合、スマホの上で片手を左から右へ振ることで次の曲にスキップでき、右から左へ振ることで最後に再生した曲に戻れます。このジェスチャーは、ほとんどの音楽アプリで使用ができるとし、アプリを開いていない場合や画面がオフの場合でも機能します。

なお、バッテリー セーバーまたは機内モードがオンの場合、Motion Sense はオフになります。また、Motion Sense では、ユーザーが近づいたことは認識されますが、そのユーザーが誰であるかは認識されていないとのことです。

(参考)Google Japan BlogPixel Phone ヘルプ

タイトルとURLをコピーしました