「任侠カフェ」を開きたい 懲役太郎がクラウドファンディングを開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

VTuberの懲役太郎さんが、名古屋でリアル店舗による「任侠カフェ」の開店を目指しクラウドファンディングを開始しました。プロジェクトは3月30日(月)まで実施され、目標金額は500万円に設定されています。

懲役太郎さんはこれまでのリアルイベント開催の経験から、人と人が出会い交流できるきっかけがバーチャルキャラクターであることのミスマッチに面白さや可能性を感じたとのこと。そこで「任侠カフェ」というリアル店舗の開店を目指すことになったと説明しています。

「任侠カフェ」では、コーヒーなどのドリンクメニューの提供のほか、懲役太郎さんによるイベントも開催予定。50インチほどのディスプレイを常設予定で、VTuberがイベントを開催することも可能としており、また懲役太郎さんを運営する俺太郎さんによるYouTube塾を開くことも考えているそうです。懲役太郎さんは「任侠カフェ」を2020年夏頃までには名古屋で開店できるようにしたいとしています。懲役太郎さんのクラウドファンディングのプロジェクトページはこちら

任侠カフェ(893事務所カフェ)を開きたいということでクラウドファンディングを始めました!!!!!!

よろしくお願いします!https://t.co/pk3fl1ztJ4 pic.twitter.com/jHAZkf4Ni2

— 懲役太郎@任侠カフェ!クラウドファンディングやってます (@choueki_tarou) 2020年2月1日

懲役太郎さんはツイッターにて「#私の考える最強の任侠カフェ」というハッシュタグを作成し、妄想を自由につぶやいてほしいと呼びかけています。ハッシュタグにはリスナーが考える「こんな任侠カフェなら楽しい」というツイートが寄せられています。

皆様の妄想がとても面白いです。

タグ作りましたので、任侠カフェはこんな感じじゃないかという妄想を自由につぶやいてください!#私の考える最強の任侠カフェ

— 懲役太郎@任侠カフェ!クラウドファンディングやってます (@choueki_tarou) 2020年2月1日

「任侠カフェを開きたい」クラウドファンディングの概要

開催期間

2020年3月30日(月)まで

目標金額

5,000,000円

資金の使い道

1.テナントのレンタル代
2.内装工事費
3.インテリアの購入費
4.数か月分のランニングコスト

開店予定時期

2020年夏頃名古屋で開店予定

詳細

名古屋で「任侠カフェ」を開きたい
【目標達成&ストレッチゴール挑戦中!!】本プロジェクトは、2018年7月から活動を開始したバーチャル刑務所に服役中のバーチャルYouTuber・懲役太郎の次のステップとして、893事務所をモチーフにしたカフェ、「任侠カフェ」を開くためのプロジェクトです。

(参考)懲役太郎 公式TwitterCAMPFIRE プロジェクトページ

タイトルとURLをコピーしました