積み木遊びをしながらARで街づくりを学ぶ 渋谷の科学館に展示

未分類
この記事は約2分で読めます。

積み木遊びをしながらARで自分の住みたい家や街を作る「ARツミキタウン」が、東京・渋谷にある科学館・こども科学センター・ハチラボに出展されます。大画面に映し出されたアナログの積み木とARのデジタル映像を通して、マイホーム作りを学べる体験コーナーです。出展期間は1月29日(木)から4月5日(日)まで。入館料は無料です。

「ARツミキタウン」は、実際の積み木に取り付けたマーカーを、PCやタブレット端末のカメラで読み込み、画面上にARで構成された街を作り出します。読み込まれた画像は人や車などが配置されるだけでなく、周囲の状況に連動して動く仕様となっています。画面上には川が流れる街並みや、鳥が飛ぶ光景も再現されるとのこと。

2019年9月に原宿・DESIGN FESTA GALLERYにて開催されたイベントでは、3日間で66組119名がコンテンツを体験。その後、愛媛・福岡・島根の3拠点でも開催が実施されています。


(原宿DESIGN FESTA GALLERYでの開催模様 )

イベント概要

特別展

『ヴァーチャル・リアリティの世界』展 ~画像技術で遊ぼう~

日程

2020年1月29日(水)~4月5日(日)

場所

渋谷区桜丘町23―21 渋谷区文化総合センター大和田3階
こども科学センター・ハチラボ

開館

10:00~17:00

入館料

無料

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

(参考)株式会社ジブンハウス プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました