KDDI、渋谷駅ハチ公前に5G×XR体験ブース設置

未分類
この記事は約1分で読めます。

KDDI株式会社は、2020年3月に予定している5Gの開始に先駆け、東京・渋谷駅ハチ公前広場に「5G可搬型基地局」を設置します。au 5GとXR(AR/VR/MR)技術を組み合わせることで、過去の渋谷の街並みを体験できます。

5G可搬型基地局には、スマートフォンをかざすと2020年から1964年の渋谷駅前にタイムスリップできるXR体験ブースが開設されます。ブースはライゾマティクス・アーキテクチャのディレクターである齋藤精一氏監修のもと、KDDI、1964 TOKYO VR株式会社Psychic VR Labが連携して制作しています。実施期間は1月24日から1月25日です。

観光案内所でXR・AI活用の新たなエンタメをガイド

また、KDDIは渋谷駅ハチ公前広場の観光案内所「青ガエル(通称)」において、XRやAIを活用し、国内外のパートナー企業とともに今後実施のau 5Gによる拡張体験施策をガイドする未来の観光案内所の実証を行います。

本実証では、AI店員による接客や渋谷におけるau 5Gの取り組み案内、拡張体験施策のガイドなど、未来の観光案内を随時実証予定です。実施期間は1月24日から3月31日となっています。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました