1964年の渋谷へタイムスリップ!? ハチ公前にXR体験ブースが設置

#ホロの試練

東京・渋谷駅ハチ公前広場に、5G活用のXR(AR/VR/MR)体験ブース「5G可搬型基地局」が設置されます。スマートフォンをかざすと、1964年(東京オリンピック開催年)の渋谷の街並みへタイムスリップしたかのような体験ができるとのこと。実施機関は1月24日(金)から1月25日(土)まで。

5G可搬型基地局は、5G開始となる2020年3月に先駆け、渋谷の象徴的なスポットである渋谷駅 ハチ公前広場に設置。ライゾマティクス・アーキテクチャのディレクターである齋藤精一氏監修のもと、1964 TOKYO VR株式会社Psychic VR Lab、KDDIが連携して制作されています。XRアートのコンテンツ配信プラットフォームには、Psychic VR Labの「STYLY」が採用されています。

(参考)株式会社Psychic VR Lab プレスリリース