VR利用で不安の緩和、乳がんの化学療法で効果

未分類
この記事は約2分で読めます。

イタリアの研究者グループは、がん治療におけるVR利用の有効性について論文を発表しました。治療中にVRを体験した乳がん患者には、不安や抑うつ、疲労感が軽減される効果が見られたということです。

化学療法のストレス緩和?

今回研究者チームは、94名の乳がん患者を対象に実験を行いました。患者を3つのグループに分け、化学療法の前後で、ストレスや気分を分析するという内容です。

まず30名は、治療中にVRヘッドセットを装着。バーチャル空間で、森林を散歩したり、ヨガや水泳等を体験します。次の30名は音楽療法を体験し、残りの34名は通常の化学療法のみのコントロールグループです。

この実験の結果、治療中に何らか他の体験をした患者では、明確に不安のレベルが低減しました。一方化学療法のみのグループでは、不安感の増大や気分の低下が見られたということです。

VRはさらに高い効果

実験結果を受けて、研究者チームは「バーチャルリアリティ、音楽療法共に、乳がんの化学療法における患者の不安緩和に有効である」と結論づけています。さらに論文は「バーチャルリアリティは音楽療法に比較し、不安感、抑うつ、疲労感の緩和の効果がより高そうである」と、VRの効果を評価しています。

治療中のVR利用による不安や痛みの緩和については、下記の記事でも取り上げています。

VRで治療の痛みや不安を軽減、レノボらが共同研究 | Mogura VR

VRで治療の痛みや不安を軽減、レノボらが共同研究 | Mogura VR

MoguraVR

治療を嫌がる子供が静かになる ARやVRの利用に効果あり | Mogura VR

治療を嫌がる子供が静かになる ARやVRの利用に効果あり | Mogura VR

MoguraVR

「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用 | Mogura VR

「10年以内に治療中のVRは当たり前に」フランスで痛み緩和にVR活用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Health Imaging

タイトルとURLをコピーしました