バーチャルで音楽フェスや狂言を鑑賞、VR展示空間が初公開

未分類
この記事は約2分で読めます。

VR技術を使用した展示空間「ABAL:プレゼンテーションタワー」が、1月23日・24日に東京ビッグサイトで開催される「DOCOMO Open House 2020」にて初公開されます。手がているのはVR企業ABAL。企業研修やエンターテインメント、スポーツ観戦や店舗販売など幅広い領域でVRを活用した新しいビジネスの可能性を提案する、としています。

「ABAL:プレゼンテーションタワー」は、VR内に構築された6階層からなる展示空間です。特許技術に基づいた空間圧縮技術を使い、6m×6mの現実空間の中に6階建てのVR空間を創出。バーチャル空間内で、ユーザーは現実空間と同じように自由に歩いて移動し、ユーザー間で体験共有を行うことが可能とのことです。

「DOCOMO Open House 2020」では、1階〜6階の各階にフロアーコンセプトを設定。ユーザーは一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」を装着し、バーチャルなエレベーターに乗って各階を移動しながら、VRトレーニングをはじめ、音楽フェスや狂言、VRライブストリーミング、VRストアなどの新しい形を共有体験することができます。

イベント概要

名称

「DOCOMO Open House 2020」

会期

2020年1月23日(木)~2020年1月24日(金)
/メディア内覧会:2020年1月22日(水)

開催時間

9:30~18:00

会場

東京都江東区青海1丁目2番33号
東京ビッグサイト 青海展示棟 A・Bホール

入場料

無料(事前登録が必要です)

主催

ドコモ

イベントサイト

DOCOMO Open House 2020 - ようこそ、5Gリアルワールドへ。そしてその先へ。 -
今年度の「DOCOMO Open House 2020」では、いよいよ2020年春に迫る5Gの商用サービス開始に向けて、企業の皆様、個人の皆様に『この場でしか体験できない5Gサービスの展示と講演』を多数ご用意いたしておりますので、ぜひお越しください。

(参考)株式会社ABAL プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました