8KのVRヘッドセット「XTAL」、米空軍でも採用

未分類
この記事は約2分で読めます。

チェコのスタートアップVRgineersは、CES 2020にてハイエンドVRヘッドセット「XTAL」の次世代版を発表しました。このモデルは米空軍での採用が予定されています。

プロフェッショナル向けVRデバイス「XTAL」

VRgineersは、プロフェッショナルや企業向けのVRヘッドセット「XTAL」を開発しています。現行モデルは5Kの解像度(片目で2,560×1,440)に加え、ハンドトラッキングを採用。コントローラを使わないVR体験を特徴としています。価格は5,800ドル(約64万円)。2018年12月に、視野角180度を実現したバージョンが発表されたほか、2019年6月には同VRヘッドセット向けのARモード切替のモジュールがお披露目されました。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

次世代モデルは8K解像度実現

CES 2020で出展された次世代版の「XTAL」は、8K解像度(片目4K)のディスプレイ、180度の視野角(FOV)、最大210FPSまで対応したアイトラッキングといった新たな特長を有します。

CEOのMarek Polčák氏は、「XTALユーザーは最高のVRソリューションを期待している」と述べた上で、「当社のソリューションは最新のNVIDIA RTXに対応し、VirtualLink規格を備えています。最新世代のVRヘッドセットXTALはこれらのニーズに応え、8K解像度を持つ唯一のソリューションです」と自信を見せました。

VRgineersによれば、現行のXTALは様々な用途で導入されており、その中には軍事訓練も含まれるとのこと。多くの米空軍基地で、パイロットのトレーニングの一環として採用されています。

さらにオクラホマ州のバンス空軍基地では、次世代XTALの採用を予定。同社チームは、米海軍及び海軍航空システム・コマンドの研究開発イニシアティブに参加し、次世代のパイロット向けVRトレーニング開発に取り組むといいます。

現行モデルハンズオン等の最新情報

CES 2020でのXTALに関する情報は下記の記事で紹介しています。

企業からの注文が急増中、チェコ発の高性能VRヘッドセット「XTAL」インプレッション

企業からの注文が急増中、チェコ発の高性能VRヘッドセット「XTAL」インプレッション

MoguraVR

8Kディスプレイ搭載 VRヘッドセット「XTAL」の次世代版がCES出展

8Kディスプレイ搭載 VRヘッドセット「XTAL」の次世代版がCES出展

MoguraVR

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました