パナソニック、眼鏡型の超軽量VRデバイスのプロトタイプ発表 HDR1対応

未分類
この記事は約2分で読めます。

パナソニックはラスベガスで開催中のCES2020にて、新型のVRデバイスのプロトタイプを発表しました。デザインは眼鏡型、ディスプレイには有機ELを使用し、解像度はUHD、VRデバイスとしては史上初のHDR(ハイダイナミックレンジ)1対応を謳っています。

パナソニックはCESにて同プロトタイプを展示します。

5G時代を意識したVRデバイス

パナソニックが今回発表したVRデバイスはマイクロディスプレイの専門企業でこれまでも軽量・小型のVRヘッドセットを提案してきたKopin Corporationの技術を使用しているとのこと。これまでの既存のVRゴーグルと異なる眼鏡型のデザインが特徴的で、パナソニックは「超軽量」としています。5Gの到来により現れる様々なサービスに対応したいとのこと。

信号処理技術にはパナソニックのテレビやブルーレイで培った技術が、イヤホンのダイナミックドライバーにはTechinicsブランドの技術、光学系にはLUMIXブランドのカメラの技術が使われており、パナソニックの技術を結集したものであることが伺えます。

発表されたデザインではヘッドセットにカメラが搭載されていないことから、このプロトタイプは頭の動きだけをトラッキングする3DoFのデバイスである可能性が高いと推測されます(外部センサーを使用して位置情報を取得し、VRの中を動き回れる6DoFである可能性はあり)。

(参考)パナソニック

タイトルとURLをコピーしました