サムスン、ARグラスを使ったフィットネスを発表 バーチャルトレーナーが個人レッスン

未分類
この記事は約1分で読めます。

サムスンはラスベガスで開催中のCES2020の基調講演にて、ARグラスを使ったフィットネスシステムGEMS(Gait Enhancing & Motivating System)を発表しました。ARを活用し、トレーナーを可視化し、個人に最適化したレッスンをコミュニケーションをとりながら実現するとしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

GEMSでは、下半身にトラッキングデバイスを装着して自身の身体の動きを測定。ARグラスを装着することで、目の前にバーチャルトレーナーが出現し、コミュニケーションをとりながら、自分の動きや脈拍等の身体の情報を取得・分析して、最適な個人レッスンを受けられるというもの。

基調講演ではデモが行われたのみで、ARグラスの機能など詳細は語られませんでした。

サムスンはCES2020で、R&D;部門が「Neon」と呼ばれるバーチャル・ヒューマンに関する新たなプロジェクトを発表しています。Neonは、まるで見た目が現実の人間のようなCGの人間をAIで動かすというもの。GEMSで採用されれば、ARでまるで現実の人間そっくりのバーチャル・トレーナーが出現することになります。

(参考)サムスン

タイトルとURLをコピーしました