コーディング不要でVR制作 MS「SharePoint」VR対応は2020年上半期か

未分類
この記事は約2分で読めます。

米マイクロソフトが、ファイル共有・情報共有サービス「SharePoint」のVR対応版「SharePoint spaces」を2020年の上半期中に正式リリースする予定であると、米メディアRoad to VRが報じています。同サービスは2018年5月に開催されたSharePoint Virtual Summitでアナウンスされていました。

マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

MoguraVR

プログラミングスキル不要でVR環境を構築

「SharePoint spaces」では、スペース内に格納されている3Dモデルや360度画像、360度映像を使って、簡単にVR環境を構築することができます。VR環境構築にあたっては、コーディングスキルや、Unreal EngineやUnity等のプログラミングスキルも不要です。

同サービスは現在まだプレビュー版ですが、マイクロソフト社の首席デザインマネージャーAmy Scarfone氏は、ドイツのVRメディアMIXEDの取材に対し「できれば2020年の第一四半期、遅くとも上半期には確実に」正式リリースすると答えています。

Scarfone氏はまた、同サービスをPC用VRヘッドセット、およびOculus Questでも使えるよう最適化作業を進めているとも語っています。

マイクロソフトによれば、ファイル交換およびデジタルコラボ用ソフトは全世界で40万以上のユーザーに利用されており、同サービスがVRヘッドセットで利用可能になれば、企業で導入されているVRツールとしては大規模なものの1つになるだろうとしています。

SharePoint Spaces: Microsoft mixed reality experiences
Experience mixed reality with Microsoft SharePoint spaces. Interact with content from every angle, and manipulate data and product models in real time.Build ...

社会とXRのあり方を模索するイベント開催、Oculusやマイクロソフトも参加

社会とXRのあり方を模索するイベント開催、Oculusやマイクロソフトも参加

MoguraVR

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました