コーディング不要でVR制作 MS「SharePoint」VR対応は2020年上半期か

未分類
この記事は約2分で読めます。

米マイクロソフトが、ファイル共有・情報共有サービス「SharePoint」のVR対応版「SharePoint spaces」を2020年の上半期中に正式リリースする予定であると、米メディアRoad to VRが報じています。同サービスは2018年5月に開催されたSharePoint Virtual Summitでアナウンスされていました。

マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

マイクロソフト、ビジネスツールのVR化を計画 VRにワークプレイスを拡張

MoguraVR

プログラミングスキル不要でVR環境を構築

「SharePoint spaces」では、スペース内に格納されている3Dモデルや360度画像、360度映像を使って、簡単にVR環境を構築することができます。VR環境構築にあたっては、コーディングスキルや、Unreal EngineやUnity等のプログラミングスキルも不要です。

同サービスは現在まだプレビュー版ですが、マイクロソフト社の首席デザインマネージャーAmy Scarfone氏は、ドイツのVRメディアMIXEDの取材に対し「できれば2020年の第一四半期、遅くとも上半期には確実に」正式リリースすると答えています。

Scarfone氏はまた、同サービスをPC用VRヘッドセット、およびOculus Questでも使えるよう最適化作業を進めているとも語っています。

マイクロソフトによれば、ファイル交換およびデジタルコラボ用ソフトは全世界で40万以上のユーザーに利用されており、同サービスがVRヘッドセットで利用可能になれば、企業で導入されているVRツールとしては大規模なものの1つになるだろうとしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

社会とXRのあり方を模索するイベント開催、Oculusやマイクロソフトも参加

社会とXRのあり方を模索するイベント開催、Oculusやマイクロソフトも参加

MoguraVR

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました