広視野角のARデバイス登場、フェイスブックが独自OS開発か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

#ホロの試練
この記事は約6分で読めます。

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。

目次

1.視野角100度のARヘッドセット「REALMAX 100」CES 2020に登場(12.24)
2. Androidからの脱却? フェイスブック、ARグラスに向け独自OS開発か(12.23)
3.フェイスブックがクラウドゲーミング企業を買収(12.19)
4.写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達(12.19)
5.消費者の約半数は、ARやVRを利用したいと思っている――小売関連の調査結果(12.19)
6.【XR Kaigi】XR空間における「共感覚的な質感」はどう作られるべきか――水口哲也らが語る(12.20)

視野角100度のARヘッドセット「REALMAX 100」CES 2020に登場(12.24)

米ワシントン拠点のスタートアップRealmaxは、100.8度の視野角、着脱できるバイザーでAR/VRが切り替えられる新型ARヘッドセット「REALMAX 100」を公開しました。2020年1月7日より、ラスベガスで開催予定のCES 2020に展示する予定です。

【Topics】
・フル充電で5時間稼働、待機時間100時間。眼鏡をかけたまま使用可能
・マイクロソフトHoloLens 2は対角52度、Magic LeapのMagic Leap 1は推定で対角50度
・クラウドファンディングの詳細、「REALMAX 100」の仕様はこちら

視野角100度のARヘッドセット「REALMAX 100」CES 2020に登場

視野角100度のARヘッドセット「REALMAX 100」CES 2020に登場

MoguraVR

続々と登場するARデバイス関連のニュースは、下記でも紹介しています。

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

MoguraVR

まずは"他人に見られないスマホ"? レノボがARデバイスの試作品発表

まずは"他人に見られないスマホ"? レノボがARデバイスの試作品発表

MoguraVR

Androidからの脱却? フェイスブック、ARグラスに向け独自OS開発か(12.23)

The Informationは、フェイスブックが独自のOSを開発しており、他社OSに依存しないARグラス等の製作を進めていると報じました。フェイスブックは次世代市場での地位確立に意欲をみせており、OSに関する取材に対し「市場や競合を信用できるとは思わない」と述べています。Oculus製品への影響も含め、今後のフェイスブックの動向に注目が集まります。

【Topics】
・グーグルのAndroid、アップルのiOSなど、他社OSからの脱却を模索
・フェイスブックはARデバイスの開発中と正式に認定
・Oculus GoやOculus QuestのベースOSはAndroid

Androidからの脱却? フェイスブック、ARグラスに向け独自OS開発か

Androidからの脱却? フェイスブック、ARグラスに向け独自OS開発か

MoguraVR

フェイスブックのARグラス開発に関する記事はこちらにまとめてあります。

フェイスブック、ARグラス開発着々 現実空間の3Dマップ化を新発表

フェイスブック、ARグラス開発着々 現実空間の3Dマップ化を新発表

MoguraVR

フェイスブックのARグラス サムスンが専用チップ製造か?

フェイスブックのARグラス サムスンが専用チップ製造か?

MoguraVR

フェイスブックがクラウドゲーミング企業を買収(12.19)

フェイスブックは、2013年創業スペイン・マドリードを拠点とするクラウドゲーミングサービスを展開するPlayGigaを7,000万ユーロ(約85億円)で買収しました。フェイスブックは2019年にゲーム大手Ubisoftと新作VRゲーム開発に関する契約を締結、その後大ヒットVRゲーム「Beat Saber」開発スタジオの買収も発表しています。

【Topics】
・PlayGigaは「新たなミッションとともにクラウドゲーミング事業を継続」と発表

フェイスブックがクラウドゲーミング企業を買収

フェイスブックがクラウドゲーミング企業を買収

MoguraVR

フェイスブックのゲーム関連の提携、および買収の記事はこちらです。

フェイスブックとUbisoft、VRゲーム開発のための契約を締結か?

フェイスブックとUbisoft、VRゲーム開発のための契約を締結か?

MoguraVR

フェイスブック、大ヒットVRゲーム「Beat Saber」開発スタジオを買収

フェイスブック、大ヒットVRゲーム「Beat Saber」開発スタジオを買収

MoguraVR

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達(12.19)

2016年ポルトガル創業、1枚の写真から本人の3Dアバターを生成するプラットフォームを開発するDidimoは、ベンチャーキャピタル等から490万ドル(約5.3億円)の資金調達を行いました。

同社の累計調達額は800万ドル(約8.7億円)にのぼり、今回の資金用途として「製品開発の技術チームを増員し、新たな戦略的パートナーを通じて(サービスの)商用化と拡大を継続する」としています。

【Topics】
・製品のパイロットプログラムでは、ソニー、Amazon等と協業
・所要時間20秒で、スキャンであらゆる角度から見られる3Dキャラに変換

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達

写真1枚からわずか20秒、3Dアバター制作企業が490万ドル調達

MoguraVR

デジタルヒューマンおよび3Dアバターについては下記でも紹介しています。

人の表情をほぼ再現 フェイスブックがVR用の新アバター技術をお披露目

人の表情をほぼ再現 フェイスブックがVR用の新アバター技術をお披露目

MoguraVR

TEDの講演で"アバター"が同時登壇 デジタルヒューマンの最前線を語る

TEDの講演で"アバター"が同時登壇 デジタルヒューマンの最前線を語る

MoguraVR

消費者の約半数は、ARやVRを利用したいと思っている――小売関連の調査結果(12.19)

市場調査会社ニールセン(Nielsen)は、小売分野での先端技術導入に関する意識調査を実施。消費者の半数に当たる51%が「AR/VRを製品検討の際に使用したい」と回答し、43%は、店内でのAR/VRを用いたナビゲーション、ポップアップ等のガイドや製品提案を使いたいと答えています。同社は消費者の体験を豊かにする技術の中で、AR/VRは最も強いポテンシャルを有するとしています。

【Topics】
・AR/VR、自動運転車やAIの新技術が今後2年で実現した際に使用したいか否かを問う
・自動運転車やドローンでの配送、パーソナルAIの製品提案に関し消費者の意向を調査
・売り手側は安全なデータ活用、個別のソリューション提供できるかが成否に

消費者の約半数は、ARやVRを利用したいと思っている――小売関連の調査結果

消費者の約半数は、ARやVRを利用したいと思っている――小売関連の調査結果

MoguraVR

小売のAR/VR活用に関しては、下記レポートでも取り上げています。

VR×小売領域は2022年までに2000億円規模へ成長か、調査レポート発表

VR×小売領域は2022年までに2000億円規模へ成長か、調査レポート発表

MoguraVR

「AR/VRは小売業に変革をもたらす」2020年には100万人がARショッピングと予測

「AR/VRは小売業に変革をもたらす」2020年には100万人がARショッピングと予測

MoguraVR

6.【XR Kaigi】XR空間における「共感覚的な質感」はどう作られるべきか――水口哲也らが語る(12.20)

2019年12月4日XR Kaigi 2019にて「XR空間における『共感覚的な質感』はどう作られるべきか」をテーマにEnhanceのCEO水口哲也氏と、制作に携わる石原孝士氏、武藤昇氏が登壇。共感覚的なものづくりの具体的な制作方法や、XRの出現により進化する体験について語ったセッションレポートです。

【XR Kaigi】XR空間における「共感覚的な質感」はどう作られるべきか――水口哲也らが語る

【XR Kaigi】XR空間における「共感覚的な質感」はどう作られるべきか――水口哲也らが語る

MoguraVR

タイトルとURLをコピーしました