バーチャルタレント初の“事務所移籍” 雨ヶ崎笑虹がパレプロに加入

未分類
この記事は約2分で読めます。

12月29日、「AVATAR2.0」メンバーのバーチャルタレント・雨ヶ崎笑虹さんが、バーチャルアイドルプロジェクト「Palette Project(パレプロ)」に移籍することが発表されました。企業運営所属で活動中のVTuber・バーチャルタレントが別の事務所に移籍をする事例は初となります。

今回の発表に際して、パレプロ公式および雨ヶ崎笑虹さん本人によるコメントもなされています。

【新メンバーの加入のお知らせ】
ファンの皆様へ
お世話になっております、Palette Project佐藤です。
この度、12月29日に新メンバーの加入が決まりましたので、お知らせいたします。https://t.co/ir2v9QQqel#パレプロ #VRIZIN

— Palette Project(パレプロ)公式 (@Alt_Vtuber) December 29, 2019

【お知らせ】 pic.twitter.com/9yJYKNyOxQ

— 雨ヶ崎笑虹☔️🌈(あまがさき えこ) (@eko_amagasaki) December 29, 2019

⾬ヶ崎笑虹さんは、2018年にバーチャルタレント輩出プロジェクト「AVATAR2.0」のオーディションでデビューしたバーチャルタレント。当初の⽬標だった「お天気キャスターになること」を実現し、2019年4⽉からTOKYO MXの番組「バラいろダンディ」で⾦曜⽇のお天気キャスターを務め、また2019年8月には⽇本コロムビアからメジャーデビュー。オリジナル曲「Rain*2Bow」を発売するなど活躍を広げていました。

AVATAR2.0プロジェクトについては、2020年1月からの運営体制変更が発表されていました。発表に合わせて、所属タレントの九条林檎さんがフリーとして活動することなどもアナウンスされました。

バーチャルタレント雨ヶ崎笑虹、メジャーデビュー! 1stシングル「Rain*2Bow」発売

バーチャルアイドルユニット「Alt‼」参加の新プロジェクト「Palette Project」が発足
「AVATAR 2.0」が運営体制変更 九条林檎はフリーに

タイトルとURLをコピーしました