村田製作所がハプティクス企業を買収、脳内錯覚で感触を知覚

未分類
この記事は約1分で読めます。

電子部品の開発・生産・販売を行う株式会社村田製作所は、ハプティクス・ソリューション技術を提供する株式会社ミライセンスを買収し、完全子会社としたことを発表しました。

本買収により、村田製作所のデバイス設計技術とミライセンスが有するハプティクス・ソリューション技術とのシナジー効果により、独自性のある製品・サービスの提供を目指すとのこと。

ミライセンスは、脳科学ベースのハプティクスである「錯触力覚」をベースとした「3D触力覚技術」の開発を進めています。同社のハプティクス・ソリューション技術は従来の物理工学ベースとは異なり、任意の振動波形を用いて脳に錯覚を起こすことで、人にさまざまな質感や感触を知覚させるとしています。

たとえば、VRゲームなどのデジタルコンテンツ上で表現される物の柔らかさや手触りなどを現実で触れているように感じさせることができるとのこと。こうした製品特性を独自のプログラム・筐体設計により小型かつ低価格なハードウェアで実現可能としています。

なお、今回の買収における取引条件の詳細については非公表です。

(参考)株式会社村田製作所 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました