スマホのAR機能で月の秘密を探れる 本格再現模型「LUNAR Max」

未分類
この記事は約2分で読めます。

12月19日(木)から、AR(拡張現実)機能を備えた月模型「LUNAR Max(ルナー マックス)」が再販されます。専用ARアプリをダウンロードし、「LUNAR Max」にスマートフォンを向けると、画面内に月に関する豊富なコンテンツが表示されるとのこと(表記は英語のみ)。本体価格は69,000円です。

LUNAR Max」はアポロ計画50周年を記念し、9月に全世界限定生産50台で発売された商品です。サイズは直径200㎜で、重さは1.8㎏。人工衛星ルナー・リコネサンス・オービター (Lunar Reconnaissance Orbiter, LRO) が撮影した衛星写真を元に制作されており、死火山、クレーターなどの地形が精巧に再現されています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ほかにもアポロ11号に搭乗した宇宙飛行士の足型をミニチュア化した「Footprint on the Moon」がついた特別セットも販売されています。マグネットつきのため、机など好きな場所に飾れます。AR機能にも対応しており、アプリで足型をスキャンすると、宇宙飛行士ニール・アームストロング、バズ・オルドリンなどの情報が画面内に表示されるそうです。

「LUNAR Max」の概要

価格

LUNAR Max 69,000円
LUNAR Max、Footprint on the Moonのセット 71,500円

販売サイト

https://gloture.jp/products/astroreality-lunar-max

(参考)LUNAR Max販売サイト

タイトルとURLをコピーしました