KDDI、5G×ドローンでVR観光サービス 観光客誘致や災害現場で活用

未分類
この記事は約2分で読めます。

KDDI株式会社は12月13日、5Gによるドローンを活用した観光サービスの実証試験を実施したことを発表しました。ドローンに搭載した360度カメラによるライブ伝送が可能になることで、遠隔地に対しても地域の魅力を発信するといった観光誘客への活用に加え、災害現場の迅速な状況把握など、防災・減災への貢献が期待されます。

本実証試験はKDDI、東海大学、株式会社エア・カメラ、熊本県阿蘇郡南阿蘇村が、ドローンエンジニアチーム Agridの協力のもと、2019年12月6日から12月13日の間、道の駅 あそ望の郷くぎのにて実施しました。

5Gを活用したドローン視点によるVR観光体験

今回の実証試験の内容は、2機の5Gドローンを活用した360度のライブ映像伝送によるVR観光と、4K高精細映像を活用した5Gドローンのリアルタイム制御です。

2機の5Gドローンを活用した360度のライブ映像伝送によるVR観光

本試験では、道の駅上空のドローン飛行区域を5Gエリア化し、ドローンに搭載した360度カメラで撮影した阿蘇山の全景を体験者が装着したVRヘッドセットにリアルタイムに配信。

阿蘇の景色を眺望するドローン視点での観光体験を検証するほか、ドローン視点のライブ映像をVR観光ポータルとして活用し、事前に撮影した南阿蘇の観光地や震災遺構のVR映像を体験者が自由に切り替えて楽しめるVR阿蘇観光体験を検証しました。

4K映像を活用したドローンのリアルタイム制御

本試験では、5Gエリアを飛行するドローンに4Kカメラと低遅延コーデックを搭載し、ドローン前方の4K映像を低遅延で地上に伝送。4K映像を地上で見ながら、繊細なドローン制御が可能なことを確認できたとのことです。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました