横浜のナイトアートプログラムでWebARの特別演出を実施中

未分類
この記事は約2分で読めます。

12月27日(金)まで、横浜の新港中央広場を中心にナイトアートプログラム「NIGHT SYNC YOKOHAMA2019」が開催中です。期間中は毎日計4回、新港中央広場と周辺の壁面ライトアップやサーチライトなどの特別演出が実施されています。ライトアップにスマートフォンの「Web AR」技術を活用すると、メインステージのプロジェクションや広場の樹々、周辺の建物が一体となったダイナミックな演出を楽しめます。

ARを体験するには「NIGHT SYNC YOKOHAM2019」の公式サイトで「特別演出に参加する」を選択。ステージに設置された特別演出ARマーカーをスマートフォンで読み取れば参加ができます。スマートフォン越しに見ると、ステージや上空にARの幻想的な演出が登場。写真撮影も可能です。

なお特別演出は1回10分程度で、1時間に1回のペースで実施されています。横浜港大さん橋国際客船ターミナルと汽車道の2か所のスピーカーから新港中央広場と同じ音楽が流れる演出があります。

「NIGHT SYNC YOKOHAM2019」特別演出の概要

開催期間

2019年11月1日(金)~12月27日(金)

特別演出実施スケジュール

18:00-18:10
19:00-19:10
20:00-20:10
21:00-21:10

特別演出参加施設

ナビオス横浜
横浜ワールドポーターズ
MARINE&WALK YOKOHAMA
横浜地方合同庁舎(仮称)建設予定地
よこはまコスモワールド・大観覧車コスモクロック21
横浜ハンマーヘッド(新港ふ頭客船ターミナル)
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
神奈川県警察本部庁舎

公式サイト

NIGHT SYNC YOKOHAMA2019

(参考)NIGHT SYNC YOKOHAMA2019公式サイト

タイトルとURLをコピーしました