中国スマホメーカーのOPPO、ARヘッドセットを発表 2020年初頭発売へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

中国のスマートフォンメーカーOPPOは、自社の公式Twitter新型AR(MR)ヘッドセットを発表しました。

詳細なデータは不明

OPPOのARヘッドセットには、ハンドジェスチャーの認識機能のほか、ボイスコマンド機能が実装されます。前面には魚眼レンズカメラが2台搭載されており、広範囲のFOVを実現します。

海外メディアDigital Trendsによれば、「前面にはもう1台カメラが存在し、併せてToF(Time of Flight)センサーも導入されている」とのこと。これらのデバイスは距離測定に使用されます。なお2019年12月12日現在、同デバイスの解像度など、詳細な仕様は明らかになっていません。

OPPOは2003年に中国・広東省で創業。同社のスマートフォン事業は国内外で展開されており、日本にも2017年、現地法人のオッポジャパン株式会社が設立されています。なお、オッポジャパン株式会社は2019年7月、ARグラスのデモを神奈川県で実施しています。

HoloLens 2と似たデザイン

Digital Trendsは、新型ARヘッドセットがマイクロソフトのMRヘッドセット「HoloLens 2」と類似したデザイン(バイザー部分のデザイン、固定用のバンドや額用レスト)を有していることを指摘します。

同メディアによれば、このデザインは「家庭や工業部門向けの設計」とのこと。OPPOは新型ARヘッドセットのユースケースとして、家庭でのARコンテンツ体験を挙げています。

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

マイクロソフトの「HoloLens 2」日本出荷開始。公式解説セミナーも予定

MoguraVR

中国メーカーOPPO、ARグラスのデモ展示 楽天による5Gイベントで

中国メーカーOPPO、ARグラスのデモ展示 楽天による5Gイベントで

MoguraVR

(参考)Digital Trends

タイトルとURLをコピーしました