NTT東日本がナーブと業務提携、不動産・観光向けにVR無人店舗を全国展開

未分類
この記事は約1分で読めます。

ビジネス向けVRサービスを提供するナーブ株式会社と東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は12月11日、業務提携を実施したことを発表しました。両社はVRとICT技術を活用した、不動産・観光向けソリューションを全国に展開します。

両社はナーブの不動産や旅行をVRで体験できる「どこでもストア」を全国の大型商業施設などへの設置を中心に、今後3年で300拠点を展開していくことを目指します。NTT東日本が有する「ICTサービス」「地域リレーション」により、どこでもストアの安定的な利用環境を強化していくとのことです

どこでもストアは、ナーブが提供するVRと遠隔通話を活用したVR無人店舗サービスです。その場にいながら物件や旅先を見て回ることができ、端末を通じて専門スタッフからサービスの詳しい説明を聞くことができます。執筆時点で全国18拠点の商業施設などに設置されています。

(参考)ナーブ株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました