名作海外ドラマ原作「Twin Peaks VR」トレイラー公開

未分類
この記事は約2分で読めます。

1990年から1991年にかけてアメリカで放映され、日本国内でも根強いファンを持つテレビドラマ「ツイン・ピークス」。同作を原作とするVRアドベンチャーゲーム「Twin Peaks VR」のトレイラーが公開されました。2019年12月発売予定です。

名作海外ドラマ原作のVRアドベンチャー

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

「Twin Peaks VR」は2018年10月13日~14日にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたデヴィッド・リンチ主催のイベント「Festival of Disruption」にて初お披露目されたVRゲーム。物語の設定は1990年のシーズン1、その後のシーズン2、そして2017年放映のシーズン3「The Return」に基づいています。

プレイヤーはFBI特別捜査官「デイル・クーパー」となり、架空の田舎町「ツイン・ピークス」で起きる事件や超常現象などの出来事を追体験していきます。

開発はCollider Gamesが担当し、制作総指揮を務めたデヴィッド・リンチやドラマ版の放送局であるCATVチャンネル「Showtime」も協力・監修として参加。「赤いカーテンの部屋」や「グラストンベリー・グローブ」、保安官事務所など、お馴染みのロケーションも登場し、それぞれを舞台にしたパズルが繰り広げられます。また、トレイラーでは宙に浮く「キラー・ボブ」を始め、超常現象的な演出も確認できます。

販売はPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で行われ、ストアページも開設されています。対応ヘッドセットはHTC Vive、Oculus Rift、Valve Index。インターフェース及び音声は英語のみで、日本語には対応していません。

タイトルとURLをコピーしました