8人で大冒険 「ヒックとドラゴン」がテーマの施設型VRコンテンツ

未分類
この記事は約3分で読めます。

VR体験施設を運営するDreamscape Immersive(以下Dreamscape)は、映画「ヒックとドラゴン」シリーズを題材とした、新VRコンテンツ「DreamWorks Dragons Flight Academy」(以下Dragons Flight Academy)を発表しました。ロサンゼルスの同社旗艦店で、2019年12月13日から提供が開始されます。

「Dragons Flight Academy」は、最大8人で体験できるフリーローム式のVRコンテンツ。公式サイトによれば、ロサンゼルスのほか、スケジュールは未定ながらテキサス・ダラスでも提供が行われる予定とのこと。本作の体験者たちは、自分たちのドラゴンを手懐け、「隠された世界(Hidden World)」での大胆な救出ミッションを完遂しなければなりません。

米メディアVRScoutによれば、本作の物語はバーク島からスタートするとのこと。この島では、時折訪れる密猟者たちを撃退しながら、ヴァイキングとドラゴンたちが平和に共存して暮らしています。体験者たちは、この世界初のドラゴン飛行アカデミーで訓練を受けますが、訓練中、何者かがバーク村を襲撃をします。体験者たちはチームを組み、「隠された世界」の深部までドラゴンたちの救出ミッションに挑みます。

関係者のコメント

「Dragons Flight Academy」のリリースについて、本作のプロデューサーを務めるhristina Lee Storm氏は、以下のようにコメントしています。

「Dragons Flight Academy」は、映画(ヒックとドラゴン)3部作の特長である素晴らしいストーリーと記憶に残る登場人物たちを(再現しており)、加えてユニークなインタラクティブ体験によって、ファンと新規の体験者の両方に、心に残る感銘をお届けします。

(「Dragons Flight Academy」での)冒険は、体験者の皆様に新たな領域の楽しさを提供します。この体験は、皆様が(Dreamscapeの)施設を繰り返し訪れるきっかけとなることでしょう。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Dreamscape Immersiveについて

Dreamscape Immersiveは、2016年に創業されました。体験型VRコンテンツの開発や施設運営を行っており、2017年9月にはシリーズBで3,000万ドル(約34億円)を資金調達しました。米大手シネマチェーンのAMCとの提携や、スティーブン・スピルバーグ氏や21世紀Fox、IMAX、ワーナー・ブラザーズが出資を行っていることでも知られています。

映画のようなVR体験 スピルバーグら出資の常設VR施設

映画のようなVR体験 スピルバーグら出資の常設VR施設

MoguraVR

ハリウッドの本気が見れるVR「Dreamscape Immersive」レポート、VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第16回

ハリウッドの本気が見れるVR「Dreamscape Immersive」レポート、VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第16回

MoguraVR

施設型VR開発の米Dreamscape Immersive、世界展開へ本腰

施設型VR開発の米Dreamscape Immersive、世界展開へ本腰

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました