協力してナチスの潜水艦Uボートから脱出せよ VRコンテンツが登場

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRハードウェアやVRコンテンツ制作を手掛ける、ドイツのスタートアップHologate社は、ナチス・ドイツの潜水艦Uボートを指揮できる体験型の新VRコンテンツ「Das Boot – VR Escape」を発表しました。

第二次世界大戦が舞台

Hologate社は2017年に創業された企業。ドイツのミュンヘンを拠点に活動しています。同社が開発したマルチプレイ対応のVRシステム「Hologate」は、世界各国の施設に導入されています。

「Das Boot – VR Escape」はドイツの戦争映画「U・ボート」を題材にした作品。VRコンテンツと脱出ゲームが融合した4D体験が特長です。本作は、「BUS SIMULATOR 18」などで知られるゲームスタジオremote control productions (RCP)が、VR関連企業Aesir Interactiveと共同で開発しました。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

プレイヤー(最大4人で体験可能)は、第2次世界大戦中の1942年、UボートⅦ型「U-612」の乗員として連合国の輸送船団の攻撃任務にあたりますが、イギリスの駆逐艦と遭遇します。プレイヤーたちは、駆逐艦からの激しい攻撃を切り抜け生き延びなければなりません。

「Das Boot – VR Escape」では、参加プレイヤーは指揮官やウォッチ・オフィサー、チーフエンジニアなど異なる役職をそれぞれ担当します。役職によってプレイ中の業務(作業)は異なり、時には他のプレイヤーとの共同作業も必要です。

作品内で要求される各操作は、VIVEコントローラーを使用して行います。米メディアVRScoutによれば、没入感を増すための仕組みとして触覚ベストも採用されており、爆発の衝撃などをプレイヤーに伝えるとのこと。

導入日は明かされず

「Das Boot – VR Escape」は、世界25ヵ国に存在する計256箇所のHologate社の施設に導入される予定です。2019年12月現在、導入に関する詳細なスケジュールは発表されていません。

VR体験施設のThe VOID、映画「ジュマンジ」題材の新コンテンツを発表

VR体験施設のThe VOID、映画「ジュマンジ」題材の新コンテンツを発表

MoguraVR

施設用VRシステム開発のHologate、全世界でユーザー数が200万人突破

施設用VRシステム開発のHologate、全世界でユーザー数が200万人突破

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました