VRゴーグルを装着して舞台を視聴 池袋で「VR演劇」上演が決定

未分類
この記事は約1分で読めます。

2020年3月に池袋にて、「VR同時視聴システム」を演出に取り入れた演劇体験「VR演劇」の第2弾の上演が決定しました。観客ひとりひとりがVRゴーグルを装着しての演劇視聴が楽しめます。

VR演劇」は、ステージを直接観るか、VR映像を観るかを観客が選べるという企画。物語が同時に進む中でも、VRと現実で感じ方に違いが表れるそうです。また、180度拡がっているVR映像のどこを観ていたかでも感想が変わってくるとのこと。

第1弾は今年の6月に中目黒ウッディシアターにて「Visual Record ~記憶法廷~」が上演されています。演劇中の合図に合わせてVRゴーグルを装着すると、舞台とVR映像の両方を体験できるシステムが採用されていました。

このイベントは映画の企画・製作等を行っている株式会社テラスサイドとKDDI、講談社、博報堂DYメディアパートナーズによる企画です。第2弾の「VR演芸」の演目や会場などの詳細は、今後公式サイト等で発表される予定です。

(参考)「VR演劇」第2弾プレリリースVR演劇

タイトルとURLをコピーしました