ナイアンティックとクアルコムが協力体制を発表、AR開発を加速

未分類
この記事は約2分で読めます。

「ポケモンGO」や「Ingress」などを開発するNiantic(ナイアンティック)は、Qualcomm Technologies(クアルコム)との協力体制を発表しました。今後両社はAR開発の加速に向け、ARグラスのリファレンスハードウェアやソフトウェア、クラウドコンポーネントの設計において協力します。

XR・ARプラットフォームの最適化を計画

両社の協力体制の第一歩として、「Qualcomm Snapdragon XR2 Platform」と「Niantic リアルワールド プラットフォーム」の2つのプラットフォームの最適化計画が公表されています。

Qualcomm Snapdragon XR2 Platform

「Qualcomm Snapdragon XR2 Platform」は、5G対応のXR(VR/AR/MR)プラットフォームです。QualcommのXR、5G、AIに関する知識を集め、XR時代へつながるテクノロジーを提供するとしています。このプラットフォームでは、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)において拡張可能で、さらに「XR史上初となるさまざまな機能」を有しているとのこと。

クアルコム、5G対応のAR/VR専用チップセット「Snapdragon XR2」を発表

クアルコム、5G対応のAR/VR専用チップセット「Snapdragon XR2」を発表

MoguraVR

Niantic リアルワールド プラットフォーム

「Niantic リアルワールド プラットフォーム」は、世界中のプレイヤーが同時にAR体験を共有できるNianticの統合型クラウドサービスです。これまで、本システムを活用したコンテストなどが開催されています。

ゲームの舞台は現実 ポケGOのナイアンティックが進める「リアル・ワールド・プラットフォーム」

ゲームの舞台は現実 ポケGOのナイアンティックが進める「リアル・ワールド・プラットフォーム」

MoguraVR

(参考)Niantic 公式ブログ

タイトルとURLをコピーしました