「バーチャルジャニーズプロジェクト」のジェイ・ストームとSHOWROOMが提携

未分類
この記事は約1分で読めます。

SHOWROOM株式会社は12月5日、株式会社ジェイ・ストームと資本業務提携を締結した旨を発表しました。両社が取り組む「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」をはじめとする、新規事業などを共同で推進します。

両社は2019年2月から「VJP」を開始。ジャニーズ初のバーチャルキャラクターとして海堂⾶⿃(かいどうあすか)と苺⾕星空(いちごやかなた)によるユニット、「あすかな(ASCANA)」を共同開発しました。本プロジェクトはTwitter開設から2日でフォロワー6万人を突破、YouTubeにて公開したMVは1ヶ月強で200万回以上再生されるなど、大きな盛り上がりを見せています。

「ジャニーズの可能性を広げる」バーチャルジャニーズプロジェクトの狙いとこれから

「ジャニーズの可能性を広げる」バーチャルジャニーズプロジェクトの狙いとこれから

MoguraVR

新たな動画メディア開発にも取り組む

今回の資本業務提携により、VJPをはじめとしたデジタル市場向けのコンテンツを共創すると同時に、新たな動画メディアの開発にも取り組むとのこと。ジェイ・ストームが持つジャニーズのコンテンツ力およびエンターテインメント領域における知見と、SHOWROOMが持つプロダクト開発力およびデジタル領域における知見を掛け合わせることで、「新しい感動体験価値の創出」を目指す、としています。

(参考)SHOWROOM株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました