VRヘッドセット「Oculus Go」が人気、北米Amazonの売れ筋ランキングでトップ

未分類
この記事は約2分で読めます。

フェイスブックの一体型VRヘッドセット「Oculus Go(オキュラス ゴー)」が、北米Amazonのビデオゲームジャンルの売れ筋ランキングで第1位(※2019年12月3日現在は6位)を記録しました。

ブラックフライデーが影響か

「Oculus Go」は、フェイスブックが2018年5月に発売した一体型VRヘッドセット。PCやスマートフォンを必要とせず、ヘッドセット単体で動作するのが特徴です。

今回Oculus Goが北米Amazonでランキング1位を獲得した背景として、アメリカなどで例年11月の第4木曜日から行われる大規模セール「ブラックフライデー」が大きな理由と考えられます。

Amazonでは同セール期間中、Oculus Goの両モデルが通常よりも低価格で販売されました。32GBモデルが149ドル(約16,000円)、64GBモデルが199ドル(約22,000円)に割引。通常は、それぞれ199ドル(約22,000円)と249ドル(約27,000円)となっています。

Oculus Goは、現在のフェイスブックの“主力”であるOculus Quest(オキュラス クエスト)と比較すると、トラッキングは3DoF(※)に留まるほか、搭載されているプロセッサも旧型と性能面では劣ります。にも関わらず同VRヘッドセットがランキング1位を獲得した事実は、「手頃な価格のVRヘッドセットがあればVRを体験してみたい」という層が、今でも多く存在することを示す証拠といえるでしょう。

(※3DoF:デバイスの向きだけを認識するトラッキング。デバイスの向きと位置情報を認識するトラッキング=6DoF)

なお、北米Amazon売れ筋ランキングではOculus Questは42位、Oculus Rift Sは34位に位置しています(12月3日時点)。

「Oculus Quest」「Oculus Rift S」「Oculus Go」どれを買う? オススメVRデバイス徹底比較

「Oculus Quest」「Oculus Rift S」「Oculus Go」どれを買う? オススメVRデバイス徹底比較

MoguraVR

フェイスブック、初めて収益源としてVRデバイスに言及「Oculus Goが寄与」

フェイスブック、初めて収益源としてVRデバイスに言及「Oculus Goが寄与」

MoguraVR

VRでもブラックフライデー。Oculus Rift SやPSVRがお買い得

VRでもブラックフライデー。Oculus Rift SやPSVRがお買い得

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました