PSVR版「アングリーバード」開発スタジオ、約2.1億円を調達

未分類
この記事は約3分で読めます。

イングランドのゲームスタジオXR Gamesは、150万ポンド(約2.1億円)の資金調達を行いました。VRゲームを「最も簡単でアクセスしやすいゲーム形態」であるとし、急成長する市場の中核ポジションを目指します。

「アングリーバード」のVRタイトルを開発

XR Gamesは、イングランドのリーズを拠点としています。2017年にスタジオの基盤となるチームを編成し、DreamWorksやディズニー、BBCらとプロジェクトを組んできました。直近では2019年夏、人気スマートフォンゲーム「アングリーバード」関連のVRタイトル「The Angry Birds Movie 2: Under Pressure」をPlaystation VR(PSVR)向けにリリースしています。

VRは現実のインタラクションに近づく

XR Games創業者でCEOのBobby Thandi氏は、「我々は、VRは史上最も簡単でアクセスしやすいゲームの形態だと考えています。また技術の進歩につれ、(VRは)いっそう現実のインタラクションに近づいてくるでしょう。だから当社は、VRが急成長して巨大なマーケットになると考えていますし、素晴らしいゲームを作ることでその中心にありたいと思っています」と語りました。


(XR GamesのCEO、Bobby Thandi氏)

さらに同氏は、事業を通じてリーズという都市の知名度を上げることも意図しています。いわく、「リーズを有名にし、ハリウッドの映画スタジオとプロジェクトを行う、素晴らしく、楽しいゲーム」で知られるスタジオを目指すということです。

今後5年間でめざましく成長

今回の資金はPraetura Venturesが提供し、ボードメンバーに同ベンチャーキャピタルのMark Lyons氏を迎えています。Lyons氏もまた、「VRゲームは何百億ドル規模の産業であり、今後5年の間にめざましく成長するでしょう。速いペースでの継続的な技術進歩がその背景にあります。そしてXR Gamesは、この成長にしっかりと追いついていくと考えています」と期待を示しました。

またXR Gamesは複数の戦略的パートナーシップを締結中であり、2020年には新拠点への移転も計画していると明らかにしました。

VR市場拡大への期待を背景に、コンテンツ制作側での大型資金調達も相次いでいます。

人気VRゲーム開発元の前CEO、新スタジオ設立 有力者から支援続々

人気VRゲーム開発元の前CEO、新スタジオ設立 有力者から支援続々

MoguraVR

ソーシャルVR「Rec Room」開発企業、2,400万ドルの資金調達

ソーシャルVR「Rec Room」開発企業、2,400万ドルの資金調達

MoguraVR

アイルランドのVRゲームスタジオが約4億円を資金調達 AR開発に着手

アイルランドのVRゲームスタジオが約4億円を資金調達 AR開発に着手

MoguraVR

(参考)Yorkshire Evening PostVRFocus

タイトルとURLをコピーしました