PSVRの販売台数が500万台に。米メディアの取材にSIE社長自らが明かす

未分類
この記事は約3分で読めます。

PSVRの販売台数が500万台に達している事が、2019年6月4日に米メディアCNETに掲載されたSIE社長Jim Ryan氏へのインタビュー記事から判明しました。PSVRの販売台数は当初の想定を上回っており、PSVRを『PlayStation4ユーザーの20人に1人が持っている』ということも分かりました。

PSVRは期待を上回るペースで販売してる

Jim Ryan氏は、CNETの次世代PSVRについての質問について、それにはまだ答えられる段階ではないとしながら、現在展開中のPSVRの状況について明かしています。

「PSVRは私たちの期待を超えるペースで販売しています。 PlayStation 4を購入した人々の20人に1人がPlayStation VRを購入する予算を持ち、さらにその周辺機器までも購入してくれています。私はこの状況について好意的に感じています。」

PSVRの販売台数については2019年3月の時点で420万台を超えたことを発表していました。

関連記事:
PSVRの世界累計実売台数が420万台を突破!半年で累計台数が1.4倍に伸びる驚異的なペースで販売

現在PS4の売り上げ台数は、1億台の大台に乗ろうとしており、20人に1人が所持しているということは、PSVRも500万台の大台に到達しようとしている事がわかります。

VRはインタラクティブエンターテイメントの未来になると信じる

SONYはこれまで、次世代のPlayStation(多くのメディアでは便宜的にPS5と呼ばれています)について、メディア取材や決算発表の場で少しずつ情報を明かしています。

関連記事:
PS5(次世代PS)のスペックが判明、PSVRやPS4ソフトとの互換性あり

これまでの情報でわかっていることは、PS5とともに次世代PSVRがリリースされる事はないということ、PS5でも現世代のPSVRがサポートされるという事が判明しています。

Jim Ryan氏は、具体的にPSVRの次世代機については答えなかったものの、「私たちは、VRがインタラクティブエンターテイメントの未来の本当に意味のある部分になる可能性があると信じ続けています。」としており、次世代のPSVRの開発に取り組んでいることを示唆していると思われます。

実際、2019年に入ってからも、SIE(または SONY)はVRやAR関連の特許を多く申請している事からも、研究開発を意欲的に行なっている事がわかります。

PSVRは世界で一番売れているVR機器

今回の情報で重要なのは、依然としてPSVRが世界で一番売れているVRハードであるという事です。スペック面や、技術面、そして話題を集めるという意味では、FacebookのOculus Questや、HTCが開発を進めているVive cosmosなどがありますが、それでもPS4というコンソールに支えられていることや、価格面で優位に進めてきたPSVRの強さを感じさせられる事実です。また、ソフトウェアの開発力が大きく、独占配信できることも強みでしょう。

VR業界を牽引しているSONYの今後の動向に注目です。

投稿 PSVRの販売台数が500万台に。米メディアの取材にSIE社長自らが明かすVRワールドニュース に最初に表示されました。

タイトルとURLをコピーしました