PS5が2020年末に発売。キーワードは「没入感をさらなる高みへ導くこと」

未分類
この記事は約3分で読めます。

SIE(Sony Interactive Entertainment)は、公式ブログおよび海外メディアインタビューにおいて、コンソールゲームの次世代機の名称が『プレイステーション5(PS5)』であること、2020年末に発売予定であることを発表しました。また、PS5と共に発売する新しいコントローラーの機能の一部として『ハプティック技術の採用』『アダプティブトリガー』を明らかにしました。

正式名称は『プレイステーション5』、発売は2020年の年末商戦期

PlayStation5

今回明らかになったことは、SIEの次世代ゲーム機の正式名称、おおよその発売時期、そしてコントローラーの一部の機能です。

今回、SIEは次世代機の正式名称が『PlayStation 5(日本ではプレイステーション5、略称PS5)』となることを明らかにしました。

また、2020年末の年末商戦期に、PS5を発売を予定していることを明かしています。

没入感を高めるコントローラー

SIEは、公式ブログおよびインタビューでコントローラーの一部機能についても明らかにしています。

振動にはハプティック技術を採用

PS5のコントローラーにはハプティック技術が採用されます。これまでプレイステーションのコントローラーには振動機能が搭載されていました。今回採用されるハプティック技術は、その振動をアップデートするものです。Nintendo SwithのjoyConにも採用されているもので、ただ震えるのではなく、コップの中にあるボールが転がる感覚や、泥の中を走っているような感覚を振動によって再現してくれます。

アダプティブトリガー

L2,R2ボタンには『アダプティブトリガー』を採用するとのこと。この機能は、ボタンに抵抗をつけることで、ボタンの硬さを調整することができる機能です。前述のハプティク技術と合わせることで、まるで弓のツルを引いているようなキリキリした感触や、ゴツゴツとした岩場を駆け抜けるオフロード車の感覚を与えることができるとしています。

ちなみに、過去のSIEのスティック型コントローラーに関する特許にも、トリガーに抵抗をつけることで、引いた感触を再現する機能について触れていました。

次世代のPSVRコントローラーか。SIEのスティック型コントローラーに関する特許情報が公開

SIEは『PS5の目指すゴールの一つに、「没入感をさらなる高みへ導くこと」がある』としています。こういったコントローラーの没入感を高める技術は、PSVRや次世代PSVRに、大いに生かされることが期待されます。

PS5についてこれまでに明らかになっていること

2019年に入ってから、SIEはインタビューや公式ブログを通してPS5についての情報を明らかにしてきました。これまでに明らかになっていることは以下の通りです。

  • AMDのチップを採用
  • リアルタイムレイトレーシング
  • PCよりも高速なSSD
  • 4Kで120fps、8Kにも対応
  • 3Dオーディオチップを搭載
  • PS4のゲームとの後方互換性
  • 現行PSVRに対応

そのほか詳しくはこちらの記事を参照ください。

PS5(次世代PS)のスペックが判明、PSVRやPS4ソフトとの互換性あり

投稿 PS5が2020年末に発売。キーワードは「没入感をさらなる高みへ導くこと」VRワールドニュース に最初に表示されました。

タイトルとURLをコピーしました