ジャパンディスプレイ、12.3インチの透明液晶ディスプレイ開発

#ホロの試練
この記事は約1分で読めます。

株式会社ジャパンディスプレイ(JDI)は、12.3インチの透明液晶ディスプレイを開発しました。本開発品は透過率87%(非表示時)を実現。ディスプレイ非表示時には設置環境に溶け込み、表示時は表示情報とともに、ディスプレイ越しに実体物を観ることが可能です。

JDIは2017年に従来の液晶ディスプレイに必要であるカラーフィルターおよび偏光板を取り除く技術を採用した4インチディスプレイの開発を発表後、大型化とさらなる表示性能の改善を行ってきました。本技術を用いた製品は2020年度の量産開始を目指しているとのこと。

また、本開発品は2019年12月4日から幕張メッセで開催される第29回 液晶・有機EL・センサ技術展(ファインテック ジャパン)のJDIブース(ホール8 「ディスプレイセンサゾーン」 46-1)にて展示されます。

(参考)株式会社ジャパンディスプレイ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました