AGC、生産スピード向上に向けARを試験導入

#ホロの試練
この記事は約1分で読めます。

AGC株式会社は、KAKUCHO株式会社が提供するAR技術「Web AR」の試験使用を発表しました。素材の組成開発を担う材料融合研究所と、素材の生産プロセス・設備開発を担う生産技術部の開発現場において、2019年12月より導入を開始し、生産速度の向上などを図ります。

KAKUCHO社が提供する「Web AR」では、専用アプリを開発することなく、Webブラウザ上でARを簡単に使用できます。事前にURLを共有しておけば、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを現場でかざすことで、開発設備をそのままの形状・サイズ感で現場風景に重ね合わせて表示可能。これまで図面や仕様を共有するだけでは正確に伝えることができなかった現場のレイアウト・作業性・安全性等を設備導入前に明らかにすることが可能です。

AGCは「本技術により開発者間のコミュニケーションを促進し設備開発のスピードを向上することで、素材開発全体のスピードアップに繋げていく予定です」とコメントしました。

(参考)AGC株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました