視聴中に香りがふわり 紙製VRゴーグル「Auggle S」に香りシールが追加

未分類
この記事は約1分で読めます。

11月21日(木)紙製VRゴーグル「Auggle S」シリーズに、香りを楽しめる新機能が追加されました。特殊な香料インキの印刷されたシールをVRゴーグルの鼻付近に貼り付け、視聴中にシールをこすると、香りが漂います。

香りはラベンダーやヒノキなど定番なものはもちろん、新札や肉まんなどユニークなものまで全113種類用意されています。ほかにもオリジナルの香りの作成も可能だそうです。これにより、花の香りを楽しみながら花園のVR動画を視聴したり、コスメ商品のPR動画を視聴しながら商品オリジナルの香りシールを試してみたりといった使い方ができるようになるとのこと。

Auggle S」は大村印刷株式会社が提供している単価100円程度のVRゴーグルです。安価で手軽にVR体験ができることから、企業のノベルティやイベントなどで活用されています。大村印刷の発表によれば、さらに本格的なVRの感動を身近に体験、体感してほしいとの想いから、今回のサービスを発表したそうです。

(参考)大村印刷株式会社公式サイト

タイトルとURLをコピーしました