ARスマートグラスで点検業務を効率化、NTTグループらが実証実験

未分類
この記事は約2分で読めます。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)は、5Gによるドローン・ARスマートグラスを活用した遠隔ビル外壁点検の実証実験に成功したことを発表しました。

ドローンを活用したビル外壁点検において、遠隔で点検業務支援を行うことで点検熟練者が作業現場へ行く移動時間の削減や、熟練者による複数現場の並行対応による効率的なノウハウ継承などへの寄与が考えられるとしています。

本実証実験は株式会社TTK、サン電子株式会社、NTTコムウェア、スプラッシュトップ株式会社、株式会社NTTドコモ東北支社の5社が11月13日に実施されました。ドコモが提供する5G、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」、NTTコムウェアのドローン情報取得・表示ソフトウェア「KnowledgeMap xR」、スプラッシュトップのクラウド型リモートデスクトップサービス「Splashtop」が活用されています。

各種データを基に管理センターから作業現場へ遠隔支援

実証実験はTTKのドローンを活用したビル外壁点検にて実施。作業現場におけるドローンのカメラ映像や各種飛行データ、ドローン操縦者視点の映像を遠隔地の管制センターへリアルタイムに送信。管制センターはそれらの情報を基に、作業現場への指示や各種マニュアルをAceReal Oneの画面上へ表示しました。

また今回、サン電子の業務支援アプリケーション「AceReal Apps」のサーバー機能を、ドコモの「ドコモオープンイノベーションクラウド」上に構築することで、より低遅延・セキュアな環境での実験が行われたとのことです。

(参考)エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました