リコー、360度カメラのエントリーモデル「RICOH THETA SC2」12月発売

未分類
この記事は約3分で読めます。

株式会社リコー、リコーイメージング株式会社は、新型360度カメラ「RICOH THETA SC2」を12月13日に発売します。「RICOH THETA SC2」は、2016年発売の「RICOH THETA SC」に続く同シリーズの新たなエントリーモデルです。

RICOH THETA SC2は約1400万画素に相当する360度静止画と、4K(3840×1920 ピクセル)相当、30fpsの360度動画撮影が可能です。撮影モードには、人物の顔を認識して美肌に見せる顔モード、夜間でも低ノイズで撮影可能な夜景モードなど、難しい設定をしなくてもシーンに合わせて使える撮影モードがあらかじめ搭載されています。

本製品の下部には OLED(有機ELディスプレイ)を搭載。設定モードや電池残量などの各種情報が一目で確認できるようになりました。そのほか、セルフタイマーモードへの切り替えボタンが追加され、カメラ単体での操作性が向上しています。カラーバリエーションは、ピンク、ブルー、ベージュ、ホワイトの4種類です。

製品概要

撮影距離

約10cm~∞(レンズ先端より)

撮影モード

静止画:オート、シャッター優先、ISO 優先、マニュアル
動画:オート

撮影機能

静止画:ノイズ低減、DR 補正、HDR 合成、インターバル撮影、マルチブラケット撮影、セルフタイマー(2 秒、5 秒、10 秒)、マイセッティング、アニメーションフォト撮影(2020 年春対応予定)
プリセット:顔、夜景、車窓
動画:セルフタイマー(2 秒、5 秒、10 秒)、マイセッティング

露出補正

静止画・動画:-2.0~+2.0EV 1/3EV ステップ

ISO 感度(標準出力感度)

静止画:オート(ISO64~1600、上限設定可能)、ISO 優先・マニュアル(ISO64~3200)
動画:オート(ISO64~6400、上限設定可能)

ホワイトバランスモード

静止画・動画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯、水中、色温度(2500K~10000K)

シャッタースピード

静止画:(オート)1/25000 秒~1/8 秒
(シャッター優先 AE モード)1/25000 秒~1/8 秒
(マニュアルモード)1/25000 秒~60 秒
動画:(オート)1/25000 秒~1/30 秒

記録媒体

内蔵メモリー:約14GB

記録可能枚数、時間

静止画:JPEG 約 3000 枚
動画(1 回の記録時間):最大 3 分
動画(合計記録時間):(4K)約 32 分、(2K)約 115 分

情報表示パネル

0.5 型有機 EL(OLED)パネル 60×32 ドット、明るさ自動調整

電源

リチウムイオンバッテリー(内蔵)

電池寿命

静止画:約 260 枚※6、動画:約 60 分

画像ファイル形式

静止画:JPEG(Exif Ver2.3)
動画:MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC-LC(モノラル)

外部インターフェース

MicroUSB:USB2.0

外形・寸法

45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(17.9mm)(奥行き)

質量

約104g

レンズ構成、F 値

6 群 7 枚、F2.0

撮像素子、サイズ

1/2.3 型(×2)

有効画素数

約1200 万画素(×2)、※出力画素 約 1400 万画素

静止画解像度

5376×2688 ピクセル

動画解像度/フレームレート/
ビットレート

4K:3840×1920/29.97fps/54Mbps(High),32Mbps(Low)
2K:1920×960/29.97fps/16Mbps(High), 8Mbps(Low)

(参考)株式会社リコー プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました