VRで労災体験、凸版印刷が製造業向けに提供

未分類
この記事は約1分で読めます。

凸版印刷株式会社は、VRでさまざまな労働災害を疑似体験できる「安全道場VR」を製作し、製造業向けに11月14日より提供を開始しました。VRを活用することで、高い効果を持つ教育を実施できます。

全7つの「労災」をVRで体験、危険管理意識を高める

「安全道場VR」は凸版印刷の持つVRコンテンツ製作の知見に加え、安全体感教育施設「トッパングループ安全道場」の運営ノウハウを活かして製作されました。労働災害を再現した全7つのVRコンテンツを収録しており、内容はすべて実写。「カッター作業」や「ベルトコンベアの清掃」、「機械点検」など、作業者にとって身近な危険を体験することで、危機管理意識を高めます。

今回、凸版印刷は「安全道場VR」を社内だけでなく社外に向けても提供を開始。利用者はトッパングループ安全道場に足を運ぶことなく、安全教育の受講が可能になりました。

(参考)凸版印刷株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました