「INSPIX LIVE」がアップデートを発表 アバターやフレンド機能も

未分類
この記事は約2分で読めます。

パルス株式会社提供のバーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」が今後アップデートされ、ライブ特化型仮想空間SNS「INSPIX WORLD」となることが発表されました。

「INSPIX LIVE」とは、スマートフォンのデバイスから音楽ライブやバーチャル握手会への参加ができるサービスで、これまでにVRアイドル「えのぐ」などのVRライブを配信しています。11月13日(水)には、上限同時接続数が53万を想定するライブも可能になったと発表がありました。

アップデート後の「INSPIX WORLD」では、新たにアバター機能、フレンド機能、特設ワールドを追加。自分だけのアバターを作成でき、アイテムを組み合わせ、多様なコーディネートを楽しめます。フレンド登録をすると、同じワールド上にいるフレンド同士が気軽に集合できる他、大型IPのライブ開催に合わせた特設ワールドも設置できるそうです。

さらに初期開発において、株式会社インクストゥエンター、EVIL LINE RECORDS、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、株式会社 MAPPA、株式会社ハイスピードボーイズ、北京喵斯拉网络科技有限公司(MissEVAN)といった、6組のパートナーの参画が発表。INSPIX WORLDを活用した「初音ミクVRワールドツアー(仮称)」の開発が開始したことも発表しています。

将来的には、全ての開発者(企業)へのプラットフォーム提供を予定。その開放時期や、一般のユーザーの利用可能時期は決定次第、告知するとのことです。

(参考)株式会社イグニス プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました