8K画質のコンシューマー向け360度カメラ「Qoocam 8K」

未分類
この記事は約2分で読めます。

11月13日(水)より、コンシューマー向け8K画質の360度カメラ「QooCam 8K」が、千葉の幕張メッセで開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」にて国内初展示されます。

「QooCam 8K」は、8K/30fpsと4K/120fpsの映像を撮影できるタッチスクリーン付きのコンシューマー向け360度カメラです。4K/120fpsから最大8倍となる4K/960fpsのスローモーション動画を生成することもできます。本製品の手ブレ補正機能「Super Steady」は、6軸ジャイロスコープ、内蔵のIMUセンサーや独自のアルゴリズムを使用し、撮影時の手ブレを抑えています。

QooCam 8Kの撮影はスマートフォンを使わずにタッチスクリーンで行えます。スクリーン上で撮影時のプレビューの確認はもちろん、FOVやISOなどといったパラメーター調整も可能です。ポケットにも収まるサイズで、スポーツや日常の撮影などにも利用できるとのこと。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

展示概要

会期

2019年11月13日(水)~15日(金)

会場

千葉市美浜区中瀬2-1
幕張メッセ 展示ホール1~8

Kandao出展エリア

映像表現/プロライティング部門

Kandao小間番号

ホール8 / 8212

公式サイト

Inter BEE 2020|映像・音響、放送・通信のプロフェッショナルが集まるメディア総合イベント
メディア総合イベント Inter BEEの公式Websiteは、Inter BEEの情報をはじめ、プロオーディオ、映像、放送、通信、プロライティング、配信関連の最新動向を集約した情報サイトです。

(参考)Kandao Technology Co. LTD プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました